スーパーコンピューターが地球温暖化をシュミレート

日本の研究グループが、スーパーコンピューターを用いて地球温暖化をシュミレートした結果を分析して、その予測を発表していました。

日本が誇る地球シミュレータを使いて、このまま地球温暖化の対策を行わなかった場合、産業革命前に比べて平均気温が今世紀末には4度上昇パターンを分析したのだそうです。

具体的に5400パターンを推測してシュミレートしたのだそうですが、北半球の夏の平均気温が高いところでは6度から7度上昇する可能性があるのだそうです。

日本でも4度から5度上昇する可能性があり、異常な大雨も頻繁に発生することが予想されるようで、劇的に生活環境が変化する可能性があるそうです。

温暖化対策を十分に行うことができなければ、いずれは人類が地球で生活することが非常に難しくなることもありえそうで、早急な対策が必要と言えましょう。